ここから本文です

【新日本】スーパージュニアVで「田口ジャパン更迭論」吹き飛ばす!

5/14(月) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレスの田口隆祐(39)が「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」(18日、後楽園ホールで開幕)へ悲壮な胸の内を明かした。

 昨年発足したユニット「タグチジャパン」の監督は逆風にさらされている。前シリーズはIWGPヘビー級王座戦で敗れた棚橋弘至(41)をはじめ、チームの主要選手が王座戦で4戦全敗。「このままでは監督交代と言われても仕方ない。(バヒド)ハリルホジッチ(前サッカー日本代表監督)を見ても監督業というのは結果がすべて。ただでさえ僕は選手とツイッターでしかコミュニケーションを取っていませんし…」と自ら進退について言及した。

 更迭論を吹き飛ばすには、自身がリーグ戦を制するしかない。「結果が出ないから中邑プロ(WWEの中邑真輔)もああやって下ネタに走るわけです。みんな彼の金的攻撃を『悪の道に走った』とか言いますけど、あれは単に下ネタに走ってるんです。僕はああはなりたくない。次のスーパージュニアが分水嶺になる」とあまりに勝手な解釈で同期まで反面教師に…。「お前が言うな」と一刀両断したいところだが、この発言が“黒いロックスター”に伝わらないことを祈るばかりだ。

最終更新:5/14(月) 16:45
東スポWeb