ここから本文です

英国人もニッコリ? ニンテンドーラボで動く「パンジャンドラム」を作る猛者が登場

5/14(月) 23:17配信

ねとらぼ

 Nintendo Switchと連動する段ボール工作キット「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」で、まさかの「パンジャンドラム」を制作した動画がニコニコに公開されました。一部で熱狂的なファンを持つ「パンジャンドラム」だけに、コメントは大盛り上がりです。

【画像】「パンジャンドラム」制作過程

 「パンジャンドラム」は、第二次世界大戦中に英国軍が開発していた兵器。車軸と車輪のみで構成されたボビン(糸巻き)型をしており、据え付けられたロケットで車輪を回して進み、搭載された爆薬で爆破する仕組み。ノルマンディー上陸作戦のために作られましたが、構造的な問題を抱えておりろくに直進もできないまま開発中止となった“珍兵器”です。

 そんな「パンジャンドラム」をニンテンドーラボで製作したのは、今までにさまざまなダンボール工作動画を公開してきたうぷあざ棟梁さん。「オリジナルニンテンドーラボを開発する必要があると考えたので、パンジャンドラムを作ることにしました」とのこと。なぜ。

 ニンテンドーラボは、同梱の段ボールを組み立てて「ジョイコン」(標準コントローラー)と組み合わせることで、釣りやバイクなどの操作に特化したコントローラー「Toy-Con」を作れるキット。「Toy-Conガレージ」モードを利用すれば、ジョイコンやソフトの動作を制御するプログラムを組み、オリジナルのToy-Conを作ることもできます。

 今回はこの「Toy-Conガレージ」モードで制作。まずは「技術部ならだいたい持ってる」というレーザー加工機でダンボールを加工していきます。ニコニコ技術部すごい。いやまあ絶対そんなことないでしょうけど。

 本体は1日で完成。後は振動を回転力に帰るギミックを製作し、「ジョイコン」を搭載すれば見事な「パンジャンドラム」になりました。さて、動くのでしょうか。

 実際に操作してみると……動きました! まるでバグパイプのような音を奏でながら、しっかりと直進しています! さらに旋回までできたりと、本物以上にしっかりと制御できているもよう。これでノルマンディー上陸作戦は成功間違いなしです。

 うぷあざ棟梁さんは動画の最後に、「ソフトウェアの実用性が高くキットにとらわれずいろいろと遊べる」「ダンボールでも電子工作ができる単純な開発環境……これを待ってました!」とニンテンドーラボを高く評価しています。またコメントでは、「ニンテンドラム」「本家を技術力で超えた」「こういうのが見たかった」といった声が寄せられていました。

最終更新:5/14(月) 23:17
ねとらぼ