ここから本文です

【阪神】金本監督、先発ローテに“若手チャレンジ枠”

5/15(火) 7:06配信

スポーツ報知

 阪神・金本知憲監督(50)が14日、先発ローテに“若手チャレンジ枠”を設けることを明かした。「若い投手が刺激し合ってくれたら」と、20日の中日戦(ナゴヤD)に才木浩人投手(19)、27日の巨人戦(甲子園)に望月惇志投手(20)と、ともにプロ初先発の2人を抜てきして活性化を図る。

 2年目の才木は150キロ超の直球が武器。今季初登板だった9日の巨人戦(東京D)は、長野からフォークで空振り三振を奪うなど1回無失点に抑えた。10日に出場選手登録を抹消されたが、12日のウエスタン・中日戦で7回1失点と好投し、白羽の矢が立った。

 3年目の望月は昨年12月に手術した腰部のヘルニアから復活。9日のウエスタン・オリックス戦で、自己最速158キロを投げ、8回2失点。「8回にも150キロ台を出していたらしいからね。楽しみやね」と指揮官も期待した。

 望月に関しては「次の2軍戦の結果次第…」と条件もつくが、実績ある藤浪や岩田らに代わる積極起用。チームは借金1。決め手に欠ける先発の6番手争いで、若手の台頭を求める。(長尾 隆広)

 ◆才木 浩人(さいき・ひろと)1998年11月7日、兵庫県生まれ。19歳。須磨翔風高から16年ドラフト3位で阪神入り。189センチ、80キロ。右投右打。年俸600万円。

 ◆望月 惇志(もちづき・あつし)1997年8月2日、神奈川県生まれ。20歳。横浜創学館高から15年ドラフト4位で阪神入り。190センチ、89キロ。右投右打。年俸500万円。

最終更新:5/15(火) 7:24
スポーツ報知