ここから本文です

正しい食事スピードを教えるスマートフォーク「HAPIfork」

5/14(月) 6:00配信

bouncy

私たちは美味しい食事を目の前にするとつい夢中になって食べがちだが、そのような食事の仕方はもちろん健康に良くない。そんな時、食事を口に運ぶ最適なスピードを教えてくれるのがスマートフォークの「HAPIfork」だ。

「HAPIfork」は公式サイトにて、99ドル(約1万1000円)で販売されている。25ドルの送料を支払えば日本を含む世界への配送にも対応してくれるそうだ。

食事がゆっくりと楽しめるフォーク

「HAPIfork」は持ち主が食事を口に運ぶタイミングを監視し、もし早すぎるようなら本体のライトとやさしい振動で教えてくれる。モニター内容は食事にどれくらい時間がかかったのか、1分あたりにどれくらいフォークを使ったのか、またインターバルはどれくらいだったのかなど、詳細に食事を計測してくれる。

さらに取得した情報はUSBやBluetooth経由でオンライン上にアップロードされ、データやスコアの閲覧が可能。さらにアプリを通して正しい食事スピードに関するコーチを受けたり、食事の写真を追加したり、友達とデータを共有することもできるのだ。

体調改善にも役立つ

少し太めのフォークといった形状の「HAPIfork」にはプロセッサやセンサー、バッテリーが搭載されており、満充電状態で15日間の利用が可能。またアラームやコーチ機能をオフにし、ただのフォークとして利用することもできる。使用したあとは手洗いだけでなく、食洗機で洗うこともできる。

なお2002年から実施されている調査によれば、正しい食事スピードが身についていないと体重が増加するだけでなく、正しい消化が阻害されたり胃逆流などの体調悪化を招くなど、多くの問題を引き起こすそうだ。そのような健康的な問題の改善に、「HAPIfork」は役立ってくれる。
・ ・ ・

振動で正しい食事スピードを教えてくれる「HAPIfork」があれば、体重と健康の維持がもっと簡単になるかもしれない。


HAPILABS

Viibar.Inc

最終更新:5/14(月) 6:00
bouncy