ここから本文です

食品ロス減らそう 小売店用ポスター 農水、環境省

5/14(月) 12:13配信

日本農業新聞

 農水省と環境省は、食品ロスの削減に向け、小売店頭用のポスターを作った。見切り商品の棚、賞味期限の短い商品の棚、保存の棚など、飲食店などが用途別に使えるよう10種類のデザインを用意。分かりやすくメッセージを書いたポスターの他、子どもも親しめるキャラクター「すぐたべくん」を掲載したポスターを作った。

メッセージ強く

 10種類のポスターには、それぞれ具体的なメッセージを入れているのが特徴だ。見切り商品向けには「食べきることで地球に手助け」「買い方でも食品ロスを削減できます」、賞味期限が短い食品向けには「手前から買うも立派な貢献」、保存容器向けには「かしこく保存! おいしさ長持ち」と発信している。小売店や地方公共団体のロゴマークや言葉などを自由に追加で記載できるタイプも用意した。

 両省は今後、自治体や小売りの業界団体などにアピールし、ポスターの活用を働き掛ける。農水省のホームページなどから無料でダウンロードできる。

 農水省は「棚に合った複数のメッセージを用意した。店舗の状況に合わせてサイズも選べる。コンビニエンスストアなど多くの店頭に貼って、食品ロス削減につなげてほしい」(食品産業環境対策室)と呼び掛ける。

日本農業新聞

最終更新:5/14(月) 12:13
日本農業新聞