ここから本文です

新ロリータ雑誌「るぱにえ」創刊、KERA元編集長がプロデュース

5/14(月) 12:48配信

Fashionsnap.com

 KERA元編集長の松村直樹が編集長を務めるロリータ雑誌「LE PANIER(るぱにえ)」が、5月16日に発刊される。価格は税込820円で、日本と中国で同時発売する。

【写真】人気ブランドの限定アイテムを購入できる「誌面受注会」も

 るぱにえという名前は、スカートを膨らませるために履くロリータファッションの必須アイテム「パニエ」と、フランス語でかごを意味する「パニエ」からイメージし、「可愛くて美しいもので世界をいっぱいにしたい」という思いを込めたという。12ブランドの新作コレクション情報をはじめ、ヘアアレンジ&メイク特集、クリエイターSAKUによるロリータ絵本などを収録。そのほか、誌面では人気ブランドの限定アイテムを購できるコンテンツ「誌面受注会」を展開する。7月には中国 上海で現地のロリータファンのためのお茶会を開催。誌面に登場しているモデルが参加するほか、ファッションショーと新作アイテムの販売会を実施する予定だ。

 昨年月刊誌を終了しデジタル版へと移行した、雑誌「KERA(ケラ!)」の元編集長 松村直樹がプロデューサー兼編集長を務める。第1号の表紙には加藤ナナを起用。年に2回の発行で、第2号は11月に発売を予定している。国内の紙媒体が減少傾向にある中、雑誌を軸にファッション通販やお茶会などのイベントを展開し多角的な媒体を目指す。近年ロリータファッションは国内よりも中国で人気が高まっており、「るぱにえを通じて日本発信の文化としてロリータ文化を押し出していきたい」と松村編集長はコメントしている。

最終更新:5/14(月) 12:59
Fashionsnap.com