ここから本文です

あてもなく旅していた…22歳陸士長が18日間無断欠勤「嫌になった」 陸自朝霞駐屯地が停職処分

5/14(月) 23:11配信

埼玉新聞

 埼玉県の陸上自衛隊朝霞駐屯地は14日、18日間にわたり所属部隊を無断欠勤したとして、同駐屯地輸送学校所属の男性陸士長(22)を停職18日の懲戒処分にしたと発表した。陸士長は依願退職する予定。

 同駐屯地によると、陸士長は3月18日から翌4月5日までの間、正当な理由がなく無断で欠勤した。3月18日は休暇だったため、外出届を出して外出。同日午後10時半ごろの帰隊時刻になっても戻らず、4月5日午後3時ごろに同駐屯地に自ら戻ってきた。

 陸士長は2015年に入隊。同駐屯地に寄宿し、同学校で車の輸送などに関する教育を受けていた。陸士長は「教育が嫌になり、愛知や広島、徳島などをあてもなく旅していた」と話しているという。

最終更新:5/15(火) 2:18
埼玉新聞