ここから本文です

チェルシー、コンテの後任はトッテナムのポチェッティーノ?複数の英メディアが報じる

5/15(火) 12:10配信

GOAL

チェルシーが新指揮官としてトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督を狙っていることが分かった。『スカイスポーツ』や『ザ・サン』などが報じている。

昨シーズン、チェルシーは就任1年目のアントニオ・コンテ監督の下、2シーズンぶりのプレミアリーグ優勝を飾った。しかし今シーズン、FAカップでは決勝まで辿り着くも、過密日程の影響を受けてリーグでは5位と振るわず、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。

低調な成績に終わったことを受け、コンテ監督の来シーズン以降の去就は不透明に。以前から後任として元バルセロナのルイス・エンリケ氏やナポリのマウリツィオ・サッリ監督などが候補に挙がっている。しかし、ここにきて仮にコンテ監督が退任するようなことがあれば、同じロンドンに本拠地を置くトッテナムからポチェッティーノ監督を引き抜く可能性が浮上した。

2014年夏からトッテナムの指揮を執るポチェッティーノ監督は他の強豪と比較して補強予算が少ないにもかかわらず、3年連続でトップ3をキープしてCL出場権を獲得。その手腕を評価されて、バイエルン・ミュンヘンやレアル・マドリーと言ったビッグクラブからの関心を以前から報じられていた。

GOAL

最終更新:5/15(火) 12:10
GOAL