ここから本文です

育成・フランスアに熱視線 カープ・緒方監督17日・2軍戦で左腕生チェックへ

5/15(火) 6:02配信

デイリースポーツ

 広島・緒方孝市監督(49)が17日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)を視察することが14日、分かった。育成選手ヘロニモ・フランスア投手(24)の視察が目的と見られる。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー出身の左腕は現在ウエスタン・リーグ防御率1位。昨年の交流戦で大ブレークしたバティスタのように“秘密兵器”となる可能性を秘めている。

【写真】広島最大の悩みは“誤算”の6外国人…奇跡!“ポンコツ”は1人もおらず

 緒方監督が名古屋で2軍の電撃視察を行う。1軍は15日からナゴヤドームで中日3連戦。ファームも同じ日程で、ナゴヤ球場でのウエスタン・中日3連戦が組まれている。指揮官は「1試合見に行くよ。君たちの思惑と違うピッチャーを見に行く」と明かした。

 ペナントレースの命運を握ると言われる29日からの交流戦を前に、新戦力をチェックする絶好の機会だ。15日からの2軍3連戦は高橋昂、薮田、フランスアが先発予定。鯉将は常々「去年の実績では見ていない。今の力を見せてほしい」と話しており、お目当ては2軍で頭角を現すフランスアと見られる。

 フランスアはドミニカ共和国のカープアカデミー出身で186センチ、110キロと体格に恵まれた左腕。150キロ超の直球にスライダー、チェンジアップを操り、今年3月に育成契約。2軍では7試合に登板して2勝0敗、リーグトップの防御率1・50の安定感を誇り、4月以降はローテに定着している。計30イニングで奪三振35、与四死球20と課題の制球力も改善されつつある。

 育成契約を結んだ際には「自分の野球人生において、初めての成功です」と喜びを口にした。同時に「これに満足することなく、自分の夢である1軍でプレーすることに向けて努力していきます。自分の技術を上げて、チームに貢献したい。支えてくれた球団の方々に感謝しています」とカープへの恩返しを誓っていた。

 昨年は同じカープアカデミー出身のバティスタが交流戦期間中に大ブレーク。6月2日に支配下登録を勝ち取ると、翌3日・ロッテ戦(マツダ)で初打席初本塁打の圧巻デビューを飾った。その後も“バティスタ旋風”を巻き起こし、リーグ連覇の原動力となった。フランスアも3連覇の秘密兵器となる可能性は十分だ。

 チームはここまで首位を走り、2位巨人とは3・5ゲーム差。貯金も10まで積み上げた。ただ、先発陣は大瀬良、岡田、中村祐が奮闘する中、故障の野村、不調の薮田を欠くなど不安も残す。15日からの3連戦は畝投手コーチも2軍を視察予定。1、2軍の名古屋同時遠征の利点をフルに生かし、指揮官自らの目で、新戦力を見定める。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(土) 10:30

あわせて読みたい