ここから本文です

「東京八王子トレインズ」、入れ替え戦の相手は「岩手ビッグブルズ」 27日に対戦へ /東京

5/15(火) 17:58配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 B3リーグを運営しているジャパン・バスケットボールリーグ(JBL)は5月13日、B2・B3リーグ入れ替え戦へ推薦するクラブを「東京八王子トレインズ」に決めたことを明らかにした。(八王子経済新聞)

 昨年9月末から10月にかけて行われたファーストステージ、3月末まで行われたレギュラーシーズン、現在行われているファイナルステージのそれぞれを優勝し、3冠を達成したトレインズ。

 今春、プロバスケットボール「Bリーグ」を手掛けるジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL、文京区)が、2018-19シーズンのB2クラブライセンス交付を発表しており、入れ替え戦への推薦が決まるかどうかに注目が集まっていた。

 B3に参戦しているチームの中では、トレインズのほか「埼玉ブロンコス」がB2クラブライセンスを取得しているが、今回、推薦条件の1つである勝ち点の合計上位3チームの中に入る可能性がなくなったことから、トレインズの推薦が決まった。

 B2・B3リーグ入れ替え戦は今月27日に横浜アリーナ(横浜市港北区)で実施。対戦相手は今シーズン7勝53敗で15チーム中最下位となり、入れ替え戦出場が決まった「岩手ビッグブルズ」で、この1戦にトレインズが勝利すればB2昇格が決まる。

 選手兼社長としてチームを運営するTHTマネジメント(子安町3)の和田尚之社長は「入れ替え戦の出場が確定し、『いよいよ、この時がきた』という思い。相手は最下位とはいえ、Bリーグ発足からの2シーズンをB2で闘ってきたチーム。プレッシャーはあるが勝つしかない」とした上で、「チームは入れ替え戦までの残された時間を効果的に使い準備万端で臨みたいと思う。今こそ八王子ブースターの底力を見せつけましょう」とファンに呼び掛ける。

 キャプテンの亀崎光博選手は「今シーズン、トレインズに来ると決めた時からB2昇格を目標にしてきた。実際に完全優勝し入れ替え戦への出場権も手にした。ここまできたら、あとは勝つだけ。それしか考えていない。ホーム最終戦には多くのファンが会場を赤く染めてくれた。ぜひ横浜アリーナにも足を運んでいただき、応援していただきたい」と話す。

 試合開始は13時5分の予定。

みんなの経済新聞ネットワーク