ここから本文です

坂上忍、元仮面ライダー俳優逮捕に「子どもたちのドラマに出ている意識を持たないとだめ」

5/15(火) 13:32配信

スポーツ報知

 15日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、仮面ライダーシリーズなどに出演した俳優の松尾敏伸容疑者(40)が警視庁原宿署に9日に逮捕されていたことについて取り上げた。

 逮捕容疑は、4月から5月上旬、都内かその周辺で覚醒剤を使用した疑い。松尾容疑者は容疑を否認している。

 「子どもたちを対象にしているドラマに出ているっていう意識を持っていないとだめ」と切り出した番組MCの坂上忍(50)は、ライダーシリーズ出身ということに「チャンスだけれど、それに乗っかりきらないとへこんでいっちゃうのかな。だからといって覚せい剤をやっていいなんて話にはならない」と断罪した。

 松尾容疑者は1996年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞し、97年に故・蜷川幸雄氏演出の舞台「ロミオとジュリエット」で俳優デビュー。映画「劇場版 仮面ライダー響鬼(ひびき)と7人の戦鬼」に仮面ライダー歌舞鬼役で出演したほか、ドラマや舞台でも活動していた。

 仮面ライダーシリーズの出演者では、4月に「仮面ライダー鎧武」などに出演した俳優の青木玄徳(つねのり、30)が路上で女性に抱きついてけがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の疑いで警視庁世田谷署に逮捕。のちに不起訴処分となったが、映画の降板や舞台あいさつ中止の事態を招いた。

最終更新:5/15(火) 13:48
スポーツ報知

あわせて読みたい