ここから本文です

海自隊員、キャバクラでアルバイトし停職処分 「家族に仕送り、遊ぶ金なく」

5/15(火) 10:10配信

千葉日報オンライン

 海上自衛隊下総教育航空群司令部(柏市)は14日、休日にキャバクラでアルバイトをしたとして、第203教育航空隊に所属する20代の男性2等海曹を停職2日の懲戒処分とした。

 同司令部広報室によると、2等海曹は2016年9~12月、業務のない土日を利用し、知人に紹介された都内のキャバクラでアルバイト。ウエーターとして24日間勤務し、計約12万円の報酬を得た。

 翌17年1月、上司による定期的な聞き取り面談で発覚。2等海曹は副業を禁じる自衛隊の規定を理解した上でアルバイトを探していたといい、「家族に仕送りをしていて遊ぶ金が足りなかった。浅はかだった」と反省しているという。

 同隊司令の前田忠久1等海佐は「服務指導と身上把握の徹底を図る」とコメントした。

あわせて読みたい