ここから本文です

後半にリードを広げたウォリアーズがアウェーでロケッツとのシリーズ初戦を制す!

5/15(火) 14:14配信

バスケットボールキング

第3クォーターにリズムをつかんだウォリアーズ

 5月15日(現地時間14日)、ヒューストン・ロケッツとゴールデンステート・ウォリアーズによるウエスタン・カンファレンス・ファイナル初戦が、ロケッツのホーム、トヨタ・センターで行われた。

 ロケッツはジェームズ・ハーデン、クリス・ポール、トレバー・アリーザ、PJ・タッカー、クリント・カペラという布陣、ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、アンドレ・イグダーラ、ケビン・デュラント、ドレイモンド・グリーンで構成される“死のラインナップ”という必勝態勢で臨んだ。

 ウォリアーズは高さとクイックネスを兼備するデュラントをハーデンにつけたが、挨拶代わりに3ポインターを決められると、その後もドライブや長距離砲が続き、チーム最初の9得点をハーデンが挙げる。カペラもデュラントが放ったウォリアーズ最初のショットをブロックするなど、攻防両面で主軸が躍動。

 スイッチでマッチアップを代えてハーデンやポールの1対1を中心に攻め立てるロケッツに対し、ウォリアーズはトンプソンやカリーの3ポインターなどで応戦していく。するとロケッツはエリック・ゴードン、ハーデンの3ポイントシュート、カペラのダンクが続き、残り5分14秒でロケッツが21-12と9点リードし、ウォリアーズがタイムアウト。

 ウォリアーズはデュラント、ニック・ヤングの3ポインターなどで追撃すると、ロケッツはポールがジャンパーで得点を重ね、ジェラルド・グリーンの長距離砲で応戦。30-29とロケッツ1点リードで最初の12分間を終える。

 第2クォーター序盤。ロケッツはポールが3ポインターを決めるも、ウォリアーズはベテランのデイビッド・ウェストとショーン・リビングストンが活躍。ヤングの3ポインターも決まり、逆転に成功するも、ロケッツは負けじとゴードンやポールが入れ返し、ゲームは点の取り合いに。

 そこで抜け出したのがウォリアーズ。オフェンスが停滞するロケッツを尻目に、デュラントが難易度の高いショットを次々と決め、カリーも隙を見つけてリング下に潜り込んでレイアップを成功させ、最大7点のリードを奪う。

 その後ロケッツは、カペラがカリーからブロックとスティールを奪うなどハッスルプレーでチームを盛り立て、ハーデンのロブパスをアリウープダンクでたたき込み、残り1分51秒で49-49とし、ウォリアーズに追いつく。

 前半終盤に入ると、ハーデンが3ポインターを皮切りにドライブからダンク、ファストブレークからもボースハンドダンクを決めてロケッツがリード。しかしウォリアーズはトンプソンのジャンパー、ヤングの3ポインターで追いつき、56-56で前半を終える。

 第3クォーター。ウォリアーズはデュラントを中心に得点を重ねていき、リードを広げていく。ロケッツが4分以上も無得点と苦しむ中、最大13点のリードを奪う。

 しかし、ロケッツはゴードンやグリーンの3ポイント攻勢で追い上げる。このクォーター終盤には5点差まで近づいたものの、デュラントのフリースロー2本が決まり、87-80のウォリアーズ7点リードで最終クォーターへ。

 第4クォーター。トンプソンのショットでウォリアーズが引き離しにかかるも、ロケッツはゴードンが踏ん張り、何とか引き離されずに応戦。中盤に入り、デュラントがハーデンの前から鮮やかな3ポインターを決めてウォリアーズが再び2ケタリード。ハーデンもレイアップなどで対抗するも、点差はなかなか縮まらず。

 リム付近でロケッツのプレーヤーがイージーなショットを放とうとするも、ウォリアーズはグリーンやデュラントがブロックを浴びせるなど絶妙なカバーで抑え込み、ディフェンス面で優位に立つ。

 残り約4分でロケッツが7点差に詰め寄った場面。カリーが3ポインターをミスし、リバウンド争いでトンプソンにボールが当たり、ハーフコートを超えてボールを保持したことで、ロケッツボールになるかと思われた。しかしレフェリーのコールはなく、試合はそのまま続行。トンプソンがノーマークとなり、当然とばかりに3ポイントシュートを沈めて10点差となったことが、決定打となった。

 最終スコアは119-106。ウォリアーズがアウェーでロケッツを下し、シリーズ先勝を果たした。

1/2ページ