ここから本文です

新人ながら京都ハンナリーズの中心となった伊藤達哉「この1年で身についたものは自信」

5/15(火) 16:54配信

バスケットボールキング

 5月13日、京都ハンナリーズはアルバルク東京との「B.LEAGUE CHANPIONSHIP 2017-18」クォーターファイナル第2戦に69-78で敗れ、準々決勝敗退となった。

 第1戦を落としている京都は、負けたら後がない状況で臨んだ第2戦。レギュラーシーズン最終節より出場停止となっているジョシュア・スミスに続き、前日のファウルトラブルでジュリアン・マブンガまでもが出場停止を宣せられており、10名での厳しい戦いを強いられた。2人の外国人選手の穴を埋めるべく、残されたメンバーが満身創痍で立ち向かうが惜しくも力及ばず、チャンピオンシップの舞台から姿を消した。

 そんな中で18得点4アシスト3スティールの活躍を見せ、前日に続いてチームをけん引したのは若き司令塔、ルーキーの伊藤達哉だ。体力的にも厳しく追いこまれて戦った2連戦を「もう負けたら終わりっていう中で自分たちはプレーしていたので、気力だったり気迫を見せつけられた。悔しい時間帯が続いたんですけど、本当に自分だけじゃなくてチーム全員が最後まで出し尽くしたんじゃないかなと思う」と、敗れはしたが全力を出しきったことに悔いはない。また、欠場を余儀なくされたスミスとマブンガに対しては「ここまで来たからには勝って最後みんなと一緒にコートに立ちたかったという気持ちが強かった。今まで本当に助けてくれたので、最後にその恩返しができなくて悔しいっていう、それだけです」とチームメートへの熱い思いも口にした。

 最後に、ルーキーイヤーの今シーズンを振り返り「この1シーズンで身についたものは本当に自信というところ。最初の方は色々と葛藤したこともあり、外国人選手とのコミュニケーションだったり、行けるところを遠慮して行かなかったり。そういうことを最終的に今日(克服して)体現できたというのは自分の中で一番大きかった」と力強く答えた。

 悩んだ先につかんだものは確かな自信となり、チームにとっても、伊藤にとっても大きく成長した1年となった。

BASKETBALL KING