ここから本文です

阪神、メッセの快投で連敗4で止める DeNAは桑原弾の1点のみ、虎戦5連敗

5/15(火) 20:42配信

ベースボールキング

○ 阪神 2 - 1 DeNA ●
<5回戦・甲子園>

 阪神先発のメッセンジャーが、9回途中6安打1失点の快投でリーグ単独トップの6勝目(2敗)。代打・原口の2点適時打が決勝点となり、連敗を4で止めた。DeNAは阪神戦開幕5連敗。6回途中2失点の先発・飯塚も、打線の援護なく開幕3連敗となった。

 メッセンジャーは今季2戦2勝のDeNA打線を相手に、この試合も立ち上がりから安定感抜群。3回は連打を許し一死一、二塁とされたが、1番神里を遊ゴロ併殺に仕留めた。4回以降も危なげない投球でゼロ行進。9回に先頭の代打・桑原にソロ弾を浴び降板したが、その後は抑えのドリスが締め、12セーブ目を手にした。

 打線は0-0の6回、一死から3番糸井の二塁打を口火に二死満塁の好機を作ると、代打・原口が、バットを折りながら左前へ運ぶ2点適時打を放った。

 DeNAは、またしても打線がメッセンジャーを打ち崩せず、右腕相手に3戦全敗。飯塚は5回まで粘りの投球を見せていたが、6回に二死満塁のピンチを招き降板。代わったエスコバーが代打・原口に2点適時打を許し、6回途中5安打3四球2失点の内容で敗戦投手。防御率を2.96としながら、自身開幕3連敗となった。

BASEBALL KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ