ここから本文です

「Googleドライブ」有料版が「Google One」に改称へ--家族プランや特典も

5/15(火) 7:47配信

CNET Japan

 「Googleドライブ」の個人ユーザー向け有料版が刷新される。名称が新しくなり、新しい特典が提供され、データストレージの料金が引き下げられる。

 今後数カ月間で、まずは米国から、Googleドライブの個人ユーザー向け有料ストレージプランが、すべて「Google One」プランに変更されるという。Googleが米国時間5月14日に発表した。「G Suite」の一環としてGoogleドライブを使用するビジネスユーザーは対象外。

 この変更により、Googleの個人ユーザー向けストレージプランは、「Dropbox」やMicrosoftの「OneDrive」といったサービスに対する競争力を高めることになる。

 Google Oneの料金プランは、100Gバイトで月額1.99ドル、200Gバイトで2.99ドル、2テラバイトで9.99ドル。既存のGoogleドライブには、1テラバイトで9.99ドルのプランがあったが、これは追加料金なしで2テラバイトのプランにアップグレードされる。

 Google Oneには、最大30テラバイトまでのプランがあり、2Tバイトを超えるプランの料金はこれまでと変わらない(30テラバイトで月額299.99ドル)。

 新しい料金体系に加えて、Google Oneでは、家族プランが用意されている。最大5人の家族を1つのプランに追加することができ、個々にプランに加入するのと同じように、家族の一人一人に専用のプライベートなストレージ空間が提供される。

 さらにGoogle Oneでは、「ワンタップ」でGoogleのエキスパートにアクセスして、一般ユーザー向け製品やサービスについて相談することができる。また、「Google Play」で使えるクーポンや、Google検索で見つけた一部のホテルの優待サービスといった特典もついている。

 個人ユーザー向けGoogleアカウントには、15Gバイトの無料ストレージがついているが、Googleが指摘しているように、スマートフォンの使用や、4K動画や高解像度写真の増加に伴い、ユーザーはますます多くのストレージを使用するようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:5/15(火) 10:05
CNET Japan