ここから本文です

乃木坂46西野七瀬&松村沙友理が桜井玲香にサプライズバースデー、『あさひなぐ』発売イベントで

5/16(水) 22:00配信

エキサイトミュージック

『闇金ウシジマくん』『アイアムアヒーロー』『土竜の唄』『海街diary』など数々の映画化作品を輩出してきた小学館漫画賞を受賞した人気コミック『あさひなぐ』。昨年9月に全国公開されると大きな話題を呼び、大ヒットを記録した。その話題作が5月16日(水)にBlu-ray&DVDが発売され、リリース前日の昨日15日(火)TOHOシネマズ日比谷にて、スペシャルトークイベントが行われた。

主演の東島旭を演じた西野七瀬をはじめ、八十村将子役の桜井玲香、紺野さくら役の松村沙友理の1年生トリオを演じた3人が登壇すると、会場に集まったファンから大きな歓声が。東島旭役として、自己紹介するはずだった西野は、普段の癖で「乃木坂46の……」と挨拶してしまい、まさに“東島旭”らしい一面を魅せ、ファンを沸かせた。

イベントは、キャストと一緒に特典映像の一部を鑑賞しながらトークするという形で進行。はじめに上映されたのは、メイキング映像に収録されている二ツ坂高校なぎなた部のメンバーと中村倫也が演じる顧問の小林先生との“エアBBQ”のシーン。本編では1分程度のシーンだが、現場では4分以上もカメラが回っており、フルバージョンが上映された。

実は中村がメンバーらに“エアBBQ”をうながすアドリブ演技を畳み掛けているシーン。登壇した3人も堪えきれずに笑ってしまってる姿がしっかりと収められており、会場のファンも思わず爆笑。映像を見終えると松村は、たまらず「なつかしー! アドリブすぎて乗っていいのかわからなくて、最後まで台詞を忘れていることに気付かなかったです!」とコメント。西野も「中村さんがアドリブでどんどん進めていくので、私達には、どうすることもできなかったです(笑)。でも、先生とのシーンは、楽しかったです」と思い出すかのように笑顔で語った。

続いて上映されたのは、元々映画本編のエンディングで使用予定だったが、演出が変わった関係でお蔵入りとなっていた“キャストによるロールナンバー集”。シーンごとに、それぞれのキャストが多種多様なアプローチでカチンコを鳴らす姿の連続に、現場の楽しい雰囲気が伝わってくる映像となっていた。見終えると桜井は、「なんだか思い出して“しんみり”しちゃいました……」と思い出を噛み締めるようにコメント。

それに続き、5月16日に誕生日を迎える桜井に向けたサプライズバースデー映像が上映され、彼女が演じた八十村将子のイラストが描かれたケーキが登場すると、桜井は驚いた様子で、「本当に!? すごい! 完全に(自分の誕生日を)忘れていました! ありがとうございます!」と大感激。会場からもハッピーバースデーの歌と共に、温かい拍手が送られると、桜井は、「嬉しい! 明日で24歳になります!」とはにかみながら声援に応えた。

最後に西野は観客へ「今日見た映像以外にもたくさんの特典映像が詰まっていますので、ぜひDVDやBlue-rayでもご覧になっていただければ嬉しいです!」とコメントし、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。