ここから本文です

テンセントが自動運転のナンバーを取得、深セン市で

5/16(水) 17:33配信

BCN

 中国のインターネットサービス大手騰訊控股(テンセント)が、自動運転用のナンバープレートを深セン市で取得した。新華社電などが伝えた。

 新華社電によると、テンセントは、14日に深セン市政府の許可を受けた。市当局者は、すぐにテストコースなどを発表すると説明。公道で実験をする場合は、運転手と安全要員が車内にいなければならないとしている。

 中国では、深セン市のほかに上海市や北京市、重慶市でも、自動運転に関する規則を定めたり、テストコースを整備したりして自動運転の実用化を目指している。

 自動運転には、自動車メーカーだけでなく、インターネット検索大手の百度(バイドゥ)も北京市で、公道実験用のナンバーを取得するなどして研究を進めている。テンセントが本格的に公道実験に乗り出すことで、各社の競争はより一層、激しくなることが予想される。

最終更新:5/16(水) 17:33
BCN