ここから本文です

危険タックル、日大が「監督指示」真っ向否定 専門誌は「壊してこい」証言を紹介

5/16(水) 18:36配信

J-CASTニュース

 アメフトの日本大学と関西学院大学の試合で、日大の選手が危険なタックルで相手を負傷させた問題。焦点となっているのは、反則の背景に「監督やコーチの指示」があったのかどうかだ。

【写真:危険タックルの一部始終】

 アメフト専門誌「HUDDLE MAGAZINE」は2018年5月15日の電子版記事で、複数の関係者の証言を紹介。記事によれば、日大の内田正人監督は「1プレー目で相手のQBを壊してこい」と具体的な指示を送っていたという。

 一方、日大の広報担当者は16日のJ-CASTニュースの取材に、この報道について「事実ではないので、大変困惑している」と話した。

■コーチも「何をしてもいいから壊してこい」

 問題のプレーが起きたのは、5月6日に東京・調布で行われた日大と関学の定期戦。日大のディフェンス選手が出場1プレー目で、パスを投げ終えて無防備となった相手のクォーターバック(QB)に背後から走り込み、強烈な反則タックルを加えた。

 このプレーで関学のQBは負傷。関学の発表などによれば、QBは医師から全治3週間との診断を受けたが、試合後に足のしびれを訴えた。ただ、その後の精密検査では神経系に異常は見られなかったという。

 この問題をめぐって、関学は10日付で日大に抗議文を送付。反則行為に対するチームとしての見解説明と、正式な形での謝罪を求めた。関学アメフト部広報担当者によれば、日大からは15日夜に回答があった。内容については、17日に会見を開いて説明するという。

 はたして、今回の危険タックルの背景に、チームからの指示はあったのだろうか。

 国内の学生アメフトを中心に扱う専門誌HUDDLE MAGAZINEは15日、「日大蛮行プレーは監督とコーチの指示 複数関係者が証言」と題したウェブ版記事を配信。チーム関係者の証言をまとめたこの記事では、日大の内田監督が試合前日、

  「試合に出場したかったら、1プレー目で相手のQBを壊してこい」

と反則を犯した選手に告げていたと指摘。コーチからも「何をしてもいいから壊してこい」「やらないというのはないからな」との指示や念押しがあったとしている。

1/2ページ

最終更新:5/16(水) 18:50
J-CASTニュース