ここから本文です

モデルの人権と健康守る 2大ファッショングループ、憲章作成

5/16(水) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 高級ブランドを展開する2大ファッショングループが、ランウェーショーや撮影に起用するモデルの人権や健康を守る取り組みを本格化させている。痩せすぎモデルを使わないことに加え、モデルは上半身があらわになる服の着用を拒否できることなどを定めた憲章を作った。「#MeToo(私も)」の動きもあり、閉鎖的とされるファッション界に変化が広がっている。

 昨年9月に憲章を定めたのは、グッチやサンローランなどを展開する「ケリング」と、ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなどを傘下に持つ「LVMH」。世界の主要ブランドの大半が属している。…… 本文:820文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社