ここから本文です

4K入力も可能なHDMIキャプチャ「STREAM MASTER」が発売

5/16(水) 12:05配信

Impress Watch

(5/16 19:33更新)各ショップに入荷。
初出日時 5/16 12:05

 最大4K解像度の映像を入力できるHDMIキャプチャユニットが登場、テックから「STREAM MASTER(TSMLIVE-4K)」が発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は税込16,800~18,144円。販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店、パソコンショップ アーク。

■PCやMac、Androidで利用できるHDMIキャプチャユニット

 STREAM MASTER(TSMLIVE-4K)は、最大4K/30fpsの映像を1080pで録画できるHDMIキャプチャユニット。PCとはUSB 3.0で接続し、USB Video Class(UVC)対応によりドライバレスで動作するのが特徴だ。Windows PCやMacのほか、UVC対応のアプリ(Clone AllianceやCameraFi Liveなど)を用意すればAndroidデバイスでも使用できるという、このほか、TwitchやYouTubeなどの配信サービスにも対応している。

 録画解像度は最大1,920×1,080ドット(60fps)で、ファイル形式はMJPEGまたは、無圧縮(YUY2)で保存できる。対応OSはWindows 10/8.1/7(SP1)、macOS 10.10以降。なお、HDCPが有効なコンテンツの取り込みには非対応。

 付属品はOTGケーブル、USB 3.0ケーブル、USB to USB Type-C変換アダプタ、ソフトウェアインストールディスク、マニュアル兼保証書。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:5/16(水) 19:52
Impress Watch