ここから本文です

ドコモに「Galaxy S9」「Galaxy S9+」見参 可変絞りカメラを搭載して5月18日発売

5/16(水) 12:10配信

ITmedia Mobile

 NTTドコモは5月18日、サムスン電子製Androidスマートフォン「Galaxy S9 SC-02K」「Galaxy S9+ SC-03K」を発売する。両機種ともにアウトカメラにF1.5とF2.4を切り替えられる「デュアルアパチャー」機能に対応しており、昼夜を問わずキレイな写真を撮影できることが特徴だ(SC-03Kは広角カメラのみ対応)。

【Galaxy S9+ SC-03Kは2色展開】

●Galaxy S9 SC-02K

 SC-02Kは海外で3月16日(発売箇所の時間)から順次販売を開始した「Galaxy S9」のドコモ版。日本向けのカスタマイズとして、テレビチューナー(フルセグ・ワンセグ)とおサイフケータイ(モバイルFeliCa)を搭載している。また、ドコモネットワークへの最適化が行われており下り最大998Mbps(理論値)の通信に対応している。

 ボディーカラーはMidnight Black、Lilac Purple、Titanium Grayの3色。OSはAndroid 8.0をプリインストールする。

 プロセッサにはQualcommの「Snapdragon 845」(CPU部は2.8GHz 4コア+1.7GHz 4コア)を採用し、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。外部ストレージは最大400GBのmicroSDXCに対応する。内蔵バッテリーは3000mAhで、Qi(チー)規格に準拠する非接触充電にも対応する。

 ディスプレイはHDR(高ダイナミックレンジ)表示に対応するQHD+(1440×2960ピクセル、アスペクト比9:18.5)の5.8型Super AMOLED(有機EL)を搭載。Galaxy Sシリーズとして初めてステレオスピーカーも備えた。このスピーカーはAKGによる監修を経たものだ。音響面では「Dolby Atmos」にも対応している。

 先述の通り、アウトカメラには絞り可変機構を備えている。1220万画素のメモリ積層型デュアルピクセルセンサーを生かした「マルチフレームノイズリダクション機能(暗所ノイズ低減機能)」や960fps(フレーム/秒)の「スーパースローモーション撮影」にも対応した。スーパースローモーション撮影では、指定した範囲内に被写体が入ると自動的にスローモーションにする機能も備えた。

 インカメラは800万画素センサーとF1.7レンズの組みあわせ。オリジナルアバターを作成する「AR絵文字」機能に対応している。

 セキュリティ面では、虹彩認証と顔認証を組み合わせてセキュリティを強化する「インテリジェントスキャン」に対応。指紋認証も引き続き利用できる。

●Galaxy S9+ SC-03K

 SC-03Kは「Galaxy S9+」のドコモ向けバージョン。ボディーカラーはMidnight BlackとTitanium Grayの2色を用意している。

 SCV38と比べると、ディスプレイは6.2型に大型化され、メインメモリは6GB、バッテリー容量は3500mAhに増強されている。

 アウトカメラは絞り可変機構を備えた1220万画素のメモリ積層型デュアルピクセルセンサー(広角カメラ)に加えて、1220万画素センサーを備える望遠カメラを搭載している。デュアルカメラを生かした「ライブフォーカス撮影」にも対応している。背景に光源が点で存在している場合、その光源にエフェクトをかける機能も備えた。

 その他、主な仕様はSC-02Kと同様だ。

●発売記念キャンペーン

 両機種の発売を記念して、発売日から6月30日までに両機種を購入したユーザーに「dポイント」を5000ポイントプレゼントする。

 プレゼントをもらうには、別途専用サイトで7月8日までに申し込む必要がある。

最終更新:5/16(水) 12:10
ITmedia Mobile