ここから本文です

<スマホの広告>注意書き94%が見落とし 「お得」に注意

5/16(水) 19:53配信

毎日新聞

 「今なら無料」「特割プラン」など、企業が広告で商品の安さや効果を強調する際に示す注意書き(打ち消し表示)。消費者庁が、実在のスマートフォン広告に近いサンプルを使って調べたところ、最大94.3%の消費者が打ち消し表示を見落としていた。消費者庁は事業者に対し、強調と打ち消しが同時に認識できる表示を求めるとともに、消費者に対しては「無料、おトクといった内容が印象に残った時は、他に制約条件がないか注意する習慣をつけてほしい」と呼びかけている。

 調査は2月5~7日、スマホによるウェブアンケート方式で行い、20~60代の男女1000人が回答した。用意したサンプル広告は、オンライン英会話の「今なら2週間無料体験できます」、健康食品の「いつでもやめられるから安心 定期コース」など5点。実在の広告例に基づいて、景品表示法違反で処分の対象になるよう作成した。

 このうち「今すぐ申し込む」のように、画面上の目立つ位置に表示して購入画面へと誘導する「コンバージョンボタン」など、画面が小さいスマホに特有の表示を設けた広告では、回答者の81.3%が打ち消し表示に気づかなかった。通信契約の広告などでよく見られる画面の最下部に打ち消し表示があるサンプルでは、表示に気づかない人が9割を超えた。【岡礼子】

最終更新:5/16(水) 22:17
毎日新聞