ここから本文です

ドコモ夏スマホは4K HDRカメラのXperiaやHUAWEI P20 Pro。Atmos 4機種

5/16(水) 15:52配信

Impress Watch

 NTTドコモは、4K HDR動画を撮影・再生できる「Xperia XZ2 Premium SO-04K」や、LEICAトリプルカメラとAIで高画質撮影に対応する「HUAWEI P20 Pro HW-01K」など、スマートフォン2018年夏モデル計10機種を5月18日より順次発売する。

【この記事に関する別の画像を見る】

【スマホ2018年夏モデル 発売日・時期】・Xperia XZ2 Premium SO-04K今夏
・Xperia XZ2 SO-03K5月下旬
・Xperia XZ2 Compact SO-05K6月下旬
・HUAWEI P20 Pro HW-01K6月下旬
・AQUOS R2 SH-03K6月上旬
・Galaxy S9+ SC-03K5月18日
・Galaxy S9 SC-02K 5月18日
・arrows Be F-04K(docomo with対象)5月下旬
・LG style L-03K(docomo with対象)6月下旬
・TOUGHBOOK P-01K今夏

 Galaxy S9 SC-02K、Galaxy S9+ SC-03K、AQUOS R2 SH-03K(ヘッドホン装着時)、HUAWEI P20 Pro HW-01Kの4機種はDolby Atmosに対応。「dTVチャンネル」では、野外音楽フェス「a-nation 2018」を日本初のDolby Atmosライブ配信を行なう予定。また、デュアルスピーカー搭載が7モデルなど、音にこだわった点も'18年夏モデルの特徴。

■4K/HDR動画撮影「Xperia XZ2 Premium」など、Xperia 3機種

 Xperia XZ2シリーズ3機種は、4K HDR動画撮影に対応したメインカメラを搭載。スポーツやペットなどの一瞬の動きを960コマ/秒のスローモーション映像で残せる「スーパースローモーション」は、画質がフルHDに向上した。

 最上位のXperia XZ2 Premium SO-05Kは、5.8型/3,840×2,160ドットの4K/HDR対応ディスプレイを備え、世界初の4K/HDR撮影・再生可能なスマートフォンとなる。独自の画像融合処理プロセッサ「AUBE」により、カラーとモノクロの2つのセンサーで捉えたデータを合成する「Motion Eye Dualカメラ」を搭載。最高ISO 51200の静止画と、ISO 12800の動画撮影を実現しながら、超高感度でも低ノイズで撮影できるとする。カラーはクロムブラック、クロムシルバーの2色。

 Xperia XZ2 SO-03Kは、18:9の5.7型ディスプレイを採用して表示領域を拡大、動画やゲームを画面いっぱい楽しめるとする。カラーはディープグリーン、リキッドブラック、リキッドシルバー、アッシュピンク。

 Xperia XZ2 Compact SO-05Kは、幅65mmで手のひらに収まるサイズながら、18:9の縦長5型ディスプレイを搭載。カラーはホワイトシルバー、ブラック、コーラルピンク、モスグリーン。

 従来機と比べ音量が約20%アップしたフロントステレオスピーカーを搭載。Xperia XZ2/XZ2 Premiumは、音に合わせて振動し、臨場感を高める「ダイナミックバイブレーションシステム」も備える。

■トリプルカメラの「HUAWEI P20 Pro」

 HUAWEI P20 Pro HW-01Kは、4,000万画素のカラーセンサーとモノクロセンサーに加え、ズーム専用レンズも採用した「LEICAトリプルカメラ」を搭載。フロントカメラも2,400万画素のLEICAカメラで、鮮やかなセルフィーが撮れるという。AIアシストで被写体やシーンを認識し、最適な撮影方法を自動選択し、決定的な瞬間を逃さず簡単にプロ並みの写真が撮れるとする。

 ディスプレイは6.1型の有機EL。サウンドはDolby Atmosに対応する。カラーはミッドナイトブルーとブラックの2色。

■動画専用を加えたデュアルカメラの「AQUOS R2」

 AQUOS R2 SH-03Kは、動画専用を加えたデュアルカメラを搭載。動画用は人の視野並みの広角レンズと手ブレ補正機能を備え、静止画用は有効2,260万画素で光学式手ブレ補正に対応する。動画撮影中に静止画撮影も可能。

 高い解像度と色再現性を実現する6型IGZOディスプレイを搭載し、HDR再生に対応。ヘッドフォン接続時はDolby Atmosに対応し、「映画館のような音と映像が楽しめる」とする。カラーはプラチナホワイト、プレミアムブラック、コーラルピンクの3色。

■カメラのF値を自動切り替え「Galaxy S9+/S9」

 Galaxy S9+ SC-03Kは6.2型、Galaxy S9 SC-02Kは5.8型の有機ELディスプレイを搭載。Dolby Atmosに対応し、S9+はAKG監修のステレオスピーカーも備える。カメラはF1.5の明るいレンズを備え、周囲の明るさに合わせてレンズの絞りをF1.5・F2.4に自動で切り替え、朝でも夜でも時間帯を気にせず撮影可能。960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応する。

 カラーは、S9+がミッドナイトブラック、チタニウムグレーの2色。S9がチタニウムグレー、ミッドナイトブラック、ライラックパープルの3色。

 そのほか、割引サービス「docomo with」対象機種の「arrows Be F-04K」が5月下旬、「LG style L-03K」が6月下旬に発売。ビジネス向けに耐衝撃性を高めた「TOUGHBOOK P-01K」は今夏に発売予定。

 タブレット新機種として、ダブルレンズ搭載で防水対応の8型「dtab Compact d-02K」も今夏に発売する。

AV Watch,庄司亮一

最終更新:5/16(水) 15:52
Impress Watch