ここから本文です

ムービットのWebアプライアンス「Powered BLUE 870」、Let's Encryptに対応

5/16(水) 17:06配信

Impress Watch

 株式会社ムービットは16日、Webサーバーアプライアンス「Powered BLUE 870」が、無償SSLサーバー証明書「Let's Encrypt」によるWebサイトのSSL化に対応したと発表した。

 Powered BLUE 870ではWebサイトのSSL化に際し、一般的な商用のSSLサーバー証明書に対応していたが、今回、新たにLet's Encryptに対応。無償のSSLサーバー証明書を利用した、Webサイトの常時SSL化が可能になったという。Webサイトへの導入は、GUIからの簡単な操作で行えるほか、SSLサーバー証明書の自動更新機能も備えているので、簡単に運用できるとしている。

 また従来は、複数のWebサイトをSSL化するには、Webサイトごとに個別のIPを割り当てる必要があり、IPアドレスを必要なWebサイト分を取得できないDMZ環境などでは、サーバー上のすべてのWebサイトをSSL化して運用しにくい、といったケースもあったという。

 これに対してPowered BLUE 870では、IPアドレス1個でサーバー上の全WebサイトのSSL化を行えるSNI(Server Named Indication)に対応しており、IPアドレス1個でWebサイトの常時SSL化運用が可能とのこと。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:5/16(水) 17:06
Impress Watch