ここから本文です

Smartisan、世界初となる容量1TBのスマートフォン「堅果 R1」

5/16(水) 18:34配信

Impress Watch

 中国Smartisanは15日(現地時間)、世界初となる、ストレージ容量1TBのスマートフォン「堅果 R1」を発表した。中国での価格は8,848人民元(約153,000円)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社のフラグシップモデルで、SoCにはSnapdragon 845(最大2.8GHz、Adreno 630 GPU)、メモリは6GBまたは8GB(1TBは8GBのみ)、ストレージは64GB/128GB/1TBを搭載。ディスプレイは上部カメラに切り欠きがある、2,242×1,080ドット表示対応6.17型インセルタッチの“ノッチつきディスプレイ”で、NTSC比96%、DCI-P3カバー率100%の色域を謳う。

 なお、メモリ6GB+ストレージ64GB版は3,499人民元(約6万円)、6GB+128GB版は3,999人民元(約7万円)、8GB+128GB版は4,499人民元(約78,000円)となっている。

 iPhoneと同様に、表面に圧力センサーを搭載し、強く押すことでさまざまなアクションが行なえる。搭載されるOSはAndroidをベースとした最新の「Smartisan OS 6.0」となり、同日発表された液晶+ドッキングステーション「TNT Station」につないで、デスクトップ環境を利用できる。

 背面の指紋センサーはロゴ一体型。3D曲面ガラスの採用により持ち心地を重視。背面カメラはソニーIMX363による1,200万画素メイン+ソニーIMX350による2,000万画素サブ、前面カメラは2,400万画素のものを搭載。背面カメラは4K/30fpsまたはフルHD/120fpsの動画が撮影可能。

 USB 3.0 Type-Cポートを備え、QuickCharge 4による急速充電に加え、USB PD 3.0による充電や、無接点充電もサポート。また、このUSB Type-CからはDisplayPort 1.4の出力も可能となっている。

 このほかのインターフェイスはIEEE 802.11ac、Bluetooth 5.0。センサーはGPS、GLONASS、Beidou、NFC、ジャイロ、重力、地磁気、環境光、ホールなどを搭載。また、超音波による近接感知や、AIによるノイズ低減機能なども搭載する。

 デュアルNano SIMスロットを備え、VoLTEやLTE B41による4x4 MIMOなどに対応。サポートするバンドは、FDD-LTEが1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28、TD-LTEが34/38/39/40/41、WCDMAが1/2/3/4/5/6/8/9/19、TD-SCDMAが34/39、CDMAがBC0/BC1/BC6、GSMが2/3/5/8、CDMA 1XがBC0/BC1/BC6。

 バッテリは3,600mAh。本体サイズは74.5×7.9×153.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は170g。本体色はブラックまたはホワイト。

PC Watch,劉 尭

最終更新:5/17(木) 10:52
Impress Watch

あわせて読みたい