ここから本文です

阪神 攻守に精彩を欠き、再び借金生活 ルーキー東に3安打完封負け

5/16(水) 20:48配信

デイリースポーツ

 「阪神0-5DeNA」(16日、甲子園球場)

 阪神が対DeNAに今季初黒星。ドラフト1位・東に対し、3安打に抑えられた。今季3度目の完封負けで、再び借金生活に逆戻りした。

【写真】岩貞 かつての同僚にも“洗礼”浴びる

 試合は初回、先発の岩貞が桑原に右中間を破られると、糸井の失策も絡んで三塁まで進まれた。続くソトは空振り三振に斬ったが、ロペスに中前適時打を浴び、アッと言う間に先制点を失った。

 さらに三回にはソトに左越えソロを浴びると、四回には大山の失策から田中浩の中前適時打で1点を追加された。岩貞は五回にもロペスに適時二塁打を浴び、5回6安打4失点(自責2)で降板。4試合目の登板で今季初黒星(2勝)となった。

 岩貞は「ランナーを背負う場面が多くなってしまい、要所で粘りきることができず、先発の役割を果たすことができませんでした」とコメント。

 また、打線は「1番・中堅」に江越、「7番・捕手」で原口、「8番・三塁」には大山を起用。DeNAの東との対戦に、右打者を多く並べたが不発。福留が四回、1死から左前打を放ったが、後が続かない。3試合続けて「5番・一塁」で出場しているロサリオから、快音は響かなかった。

 反撃は5点を追う九回。先頭の植田が三塁への内野安打で出塁すると、続く糸井が右前打。無死一、二塁の好機を作った。だが、福留が遊ゴロ併殺打。続くロサリオも凡退した。

 新人投手に完封を許すのは2015年4月5日・巨人戦(東京ドーム)での高木勇人(現西武)以来、3年ぶりの屈辱となった。5月9日の巨人戦(東京ドーム)から、6試合連続で2得点以下。苦しい状況が続いている。17日・DeNA戦は秋山が先発予定。2戦連続完投している右腕に、チームのカード勝ち越しを託す。

 DeNAは対阪神の連敗が5でストップ。東は両リーグ新人一番乗りとなる完封で、3勝目を飾った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/28(月) 3:00