ここから本文です

障害者施設で死亡事故=熱湯風呂に入居者転落―大阪

5/16(水) 22:48配信

時事通信

 大阪市阿倍野区の障害者支援施設で、入居者の女性(52)が熱湯の入った風呂に転落する事故が起きていたことが16日、分かった。

 女性は全身やけどで15日夜、搬送先病院で死亡。職員が温度確認などを怠ったとみられ、大阪府警阿倍野署は業務上過失致死容疑で捜査している。

 同署によると、事故があったのは障害者5人が入居するグループホーム「ティンク」(同区長池町)。12日午後4時半ごろ、悲鳴に気付いた職員が浴室内で痛みを訴える女性を発見。女性は下半身を中心に広範囲にやけどを負っており、入浴しようとしてバランスを崩し、熱湯が入った風呂に転落したとみられる。

 施設を運営する社会福祉法人によると、女性職員が湯を張ったが、職員は付き添わず女性が1人で入浴していた。施設が確かめたところ、温度は70~80度に設定されていたという。施設の規則は、入浴させる前に実際に手を入れ温度を確認すると定めていたが、職員は怠っていた。

 同法人は取材に「マニュアルが適切に守られず、誠に申し訳ない」と謝罪した。 

最終更新:5/16(水) 22:57
時事通信