ここから本文です

シャープ、8Kの60型今秋発売=50万円程度、市場リード図る

5/16(水) 23:01配信

時事通信

 シャープは16日、超高精細な映像技術「8K」に対応する液晶テレビの60型を今秋発売する方針を明らかにした。喜多村和洋テレビシステム事業本部長は説明会で「70型の半分くらいの価格で出したい」と述べた。昨年末に家庭向けに投入した70型の半額となる50万円程度を目指す。

 8Kは今年12月に実用放送が始まるが、家庭向けの対応テレビはシャープ以外は発売していない。同社は他社に先駆けて低価格帯も投入し、一気に市場をリードしたい考えだ。

 この60型は現在のデジタルテレビ放送は見られるが、8K放送の視聴に必要な受信機(チューナー)を搭載していない。このため、20万円程度の受信機も同時期に発売。8K対応のレコーダー(録画機)、60、70、80型の受信機内蔵テレビなどラインアップを拡充し、「8Kで新たな需要を作る」(喜多村氏)としている。 

最終更新:5/16(水) 23:01
時事通信