ここから本文です

【オークス・川田騎手に聞く】リリーノーブル、好時計マーク!「桜花賞よりいい状態」

5/17(木) 6:06配信

スポーツ報知

◆オークス追い切り(16日・栗東トレセン)

 ―リリーノーブルは栗東のCWコースを単走で6ハロン79秒3―11秒8の好時計をマークしました。感触を教えてください。

【写真】アーモンドアイ「今、間違いなく日本一の牝馬」

 「テンションが高くなりやすいですし、レースでも積極的すぎるところがあるので。距離が延びるので、どんな気分で走っているか確認したかったのですが、さらに落ち着きが出て走りの内容が良くなり、桜花賞よりいい状態にあると思います」

 ―前走の桜花賞は3着でした。

 「チューリップ賞と比べて非常に穏やかに走れました。阪神JF(2着)、チューリップ賞(3着)よりもラッキーライラックとの差を詰められましたし、枠が違えば(ライラック1番枠、リリー9番枠)さらに近づけたかな、という内容でした。ただ、桜花賞馬の勝ちっぷりは衝撃的でしたね。ラッキーライラックを目指しての桜花賞だったんですが、結果的に1頭、強い馬がいました」

 ―今回は距離が2400メートルに延びます。

 「この距離が得意、という馬の方が少ないでしょうしね。距離が合うとは思ってないですが、3歳牝馬同士ですし、前向きすぎるところをコントロールして自分の脚を使ってくれれば」

 ―前日まで雨の予報ですが、道悪はどうでしょうか。

 「雨は決していいとは思わないですが、マイナスでもないと思っています」

最終更新:5/17(木) 10:18
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ