ここから本文です

千葉一家4人殺傷 自らの誕生日名目に居酒屋予約 容疑の元千葉市議、執拗に父母切り付けか

5/16(水) 8:10配信

産経新聞

 千葉市稲毛区の居酒屋で13日夜、同区に住む一家4人が切り付けられ、幼稚園児の高木彩友美(あゆみ)ちゃん(6)が死亡した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された母親(42)の兄の元千葉市議、小田求(もとむ)容疑者(46)が自身の誕生会を名目に個室を予約し、犯行に及んだことが15日、関係者への取材で分かった。13日は小田容疑者の誕生日で、会に呼び出した一家をバッグに隠し持った包丁で襲ったとみられる。千葉県警は当時の状況や経緯を調べている。

【写真で比べて見る】 容貌がかなり変わってしまった? 現在と千葉市議時代の小田求容疑者

 重傷を負った地方公務員の父親(44)と全治2~3週間のけがをした同じく地方公務員の母親に刃物による複数の傷があることも、捜査関係者への取材で判明。父親には明らかになっている太もも以外にも母親をかばおうとしてできたとみられる上半身の傷があり、母親の手や腕にも防御創のような外傷があった。母親がおんぶしていたとみられる次女(1)も額に軽傷を負った。

 彩友美ちゃんの背中の刺し傷は肺に達していたことが既に判明しており、県警は4人を執拗に襲った疑いがあるとみている。

 県警は15日、彩友美ちゃんの母親に対する殺人未遂容疑で小田容疑者を送検。ひげを生やしTシャツ姿で千葉西署を出た小田容疑者は報道陣に気付くと、笑みを浮かべながら捜査車両に乗り込んだ。

最終更新:5/16(水) 11:23
産経新聞