ここから本文です

心にマッサージ、してますか?ポールダンサーの生き方指南

5/16(水) 11:10配信

telling,

なまめかしく妖艶な表現力で性別問わず見る者の目を釘づけにするポールダンスのダンサーであり、注目のブロガー、ライターでもある“まなつ”さん。彼女が問いかけるのは、「フツー」って、「アタリマエ」って、なに? ってこと。 telling,世代のライター、クリエイター、アーティストが綴る「telling, Diary」としてお届けします。

【写真】世界で活躍するバルーンアーティストの女性

 日頃より肩こり腰痛にお悩みの皆様こんにちは!お仕事お疲れ様です。毎日決まった時間に家を出てデスクワークしたり、外回りしたり、会議だの打ち合わせだの本当に大変ですよね。 心中お察しします。

 忙しい毎日、緊迫したビジネスシーン、満員電車に加えて長時間のパソコン作業。そりゃ肩もこりますし腰も痛くなるでしょう。

 昼間の会社勤めではない私ですが、私にも肉体の疲労はあり、体をメンテナンスするためによくマッサージに行きます。

 私の仕事はポールダンサー。

 ポールダンスという仕事、それは奇麗な衣装を着て、くるくると舞い踊る華麗な日々……

 ではなく、1に練習、2に筋トレ、汗と涙とプロテインが友達の過酷な肉体労働です。擦り傷やアザは日常茶飯事なので怪我に入りません。1日に3ステージ、4ステージとこなせば筋肉疲労がもう限界。

 手には力が入らず、手や腕がむくんでパンパンに張っている。汗まみれの体を一刻も早く横たえたい欲求と闘いながらシャワー。

 髪を乾かすのもめんどくさくなりながらベッドへダイブ。そうすると翌朝、猛烈なだるさとともに目覚めます。体を使いすぎた確かな手応えとともに浮かぶのは、マッサージへ行きたいという気持ち。ただそれだけ。

 行きつけの格安マッサージ、お気に入りのワンさんを指名して60分の極楽タイム。

 中国出身というワンさんは何かにつけて私の体を心配してくれ、

「あなたこれ以上腕、使っちゃいけない…からだ疲れてる…」 と心のこもった施術をしてくれます。

週に6日、1日3ステージをこなしていると、どれだけ自宅や職場でストレッチをしても不調が出てきます。

1/2ページ

最終更新:5/18(金) 18:16
telling,