ここから本文です

豪雨災害で不通の只見線・会津川口~只見間、復旧工事に着手 JR東日本

5/16(水) 11:51配信

乗りものニュース

2011年の豪雨災害で不通に

 JR東日本仙台支社は2018年5月15日(火)、災害で不通となっている只見線の会津川口~只見間について、復旧に向けた工事に着手すると発表しました。

【写真】只見川のほとりにある会津川口駅

 只見線は、磐越西線の会津若松駅(福島県会津若松市)と上越線の小出駅(新潟県魚沼市)を結ぶ全長135.2kmの路線です。このうち会津川口~只見間27.6kmは、2011(平成23)年7月の豪雨被害により橋が流出するなどして不通になっており、バスによる代行輸送が続けられています。

 復旧費用の負担などについて調整が続けられた結果、2017年6月、JR東日本と福島県が「只見線(会津川口~只見間)の鉄道復旧に関する基本合意書及び覚書」を締結。同県が鉄道施設や土地を保有し、JR東日本が列車の運行を担う「上下分離方式」で復旧させることが決定しました。

 工事費総額約81億円の3分の2を福島県が、3分の1をJR東日本がそれぞれ負担。復旧後、JR東日本は福島県に鉄道施設などを無償で譲渡します。

 復旧に向けては、2018年5月に準備工事を進め、6月から橋やレール、信号ケーブルなどの復旧・交換工事に着手される予定です。起工式は6月15日(金)、福島県金山町の「第7只見川橋りょう」付近で行われます。

 運転再開時期は発表されていませんが、「復旧工事の進捗状況等を踏まえ設定」(基本合意)するとしています。

乗りものニュース編集部