ここから本文です

【映像】12年ぶりにユキヒョウが誕生 米加州サクラメント動物園で

5/16(水) 17:23配信

アフロ

 米西海岸カリフォルニア州のサクラメント動物園に5月6日、2匹のユキヒョウの赤ん坊が生まれた。1匹は先天性異常があり、誕生後2~3日で死んだ。 
 同動物園でユキヒョウが生まれたのは12年ぶり。5歳の母親「ミーシャ」と1歳年上の父親「ブリザード」の間に生まれたオス赤ん坊の体重は612グラムで、心臓も肺も強く、元気に育っている。
 ロシア南部から中央アジア、中国西部にかけて生息する野生のユキヒョウの個体数は、4000頭から7500頭と推定されており、600頭前後が動物園などで飼育されている。
 サクラメント動物園で生まれたユキヒョウは、全米動物園水族館協会(AZA)の「ユキヒョウ種保存計画」に沿って実現したもの。

(アメリカ、サクラメント、5月16日、映像:SWNS/AFLO)

最終更新:5/16(水) 17:23
アフロ

Yahoo!ニュース特設ページ