ここから本文です

ソフトB高橋純が大変身! 久保コーチ改造フォームで4回5K無失点 ウエスタン阪神戦

5/16(水) 11:03配信

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ 阪神3-6ソフトバンク(15日・鳴尾浜)

 3年目の高橋純平投手(21)が、15日のウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)に先発し、4回を被安打1、無失点に抑えた。軸足の右脚を折らずに高いリリースポイントから投げ下ろす新フォームでの初実戦で結果を出した。

【写真】打球が左目の上部を直撃!ばんそうこう姿の高橋純平

 3球団競合のドラフト1位右腕が、殻を破るために一大決心だ。前回登板だった1日の阪神戦まで今季2軍5試合で15回2/3、被安打25に14四球、防御率9・77。久保2軍投手コーチが説いたのは、投球観の“百八十度の転換”だった。

 低めへの意識が強過ぎて右脚が「く」の字に曲がっていた。これでは低いリリースポイントから低めを狙うことになり「球を押し出すようになってしまう」と久保コーチ。「下から下」ではなく「上から下」への意識でのフォーム改造に乗り出し、今回は最速142キロながら5三振を奪うなど上々の内容を残せた。

 「いいイメージ。このフォームに慣れて、もっとスピードが出るようにしたい」と高橋純。“3年目の大変身”は期待大だ。

西日本スポーツ

最終更新:5/16(水) 12:12
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(土) 10:30