ここから本文です

日本ハム清宮「何かあるかも」大飛球激走で勝利貢献

5/16(水) 23:13配信

日刊スポーツ

<日本ハム1-0西武>◇16日◇東京ドーム

 日本ハム清宮幸太郎内野手(18)が、勝利を呼び寄せる大飛球を放った。

【写真】日本ハム清宮の飛球を落球する西武秋山

 0-0で迎えた7回。先頭で打席に入り、中堅後方へ滞空時間の長いフライを放った。「最後は力負けした」と、スタンドには届かなかったが、ここで西武外野陣がミス。中堅秋山と右翼木村が同時に落下点に入り、最後は秋山が落球。「何かがあるかもしれないと思って走っていました」という清宮は三塁まで到達した。ここで代走杉谷が送られて交代。直後に1死一、三塁から西川の決勝犠飛で杉谷が決勝のホームインだ。

 この日の清宮は2打数無安打も、勝利には大いに貢献。「今日は、ずっと内容もよかった。ヒットは出ていないですけど、次につながる」と、手応えも感じていた。

最終更新:5/16(水) 23:33
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報