ここから本文です

ウッズの次戦は「メモリアル」 帝王も復活V「近い」と太鼓判

5/17(木) 8:33配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

タイガー・ウッズが31日(木)からオハイオ州のミュアフィールドビレッジGCで行われる米ツアー「ザ・メモリアルトーナメント」に出場することが決まった。大会事務局が16日(水)に明らかにした。

「ザ・プレーヤーズ選手権」で好プレーを見せたタイガー・ウッズ

ウッズは前週の「ザ・プレーヤーズ選手権」を11位で終え、2週間のオフを取った後、“帝王”ジャック・ニクラスのホスト大会に3年ぶりに出場する。今大会には世界ランキング1位になったばかりのジャスティン・トーマスをはじめ、2位に後退したダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ(北アイルランド)や、当地に拠点を置くジェイソン・デイ(オーストラリア)らが参戦。2014年大会で米初勝利を挙げた松山英樹もエントリーする。

ニクラスは「今年も素晴らしいフィールドになることに満足している。ウッズとトーマスの出場は中央オハイオのゴルフファンを喜ばせてくれるはず」とコメント。大会で過去5勝(1999、2000、01、09、12年)、2013年以来のツアー勝利が待たれるウッズについては「タイガーのここ最近のカムバックは非常に印象的だ。数年ぶりの優勝もまもなくだと思う。あとわずかだ。ミュアフィールドビレッジでは5回勝っている。6勝目を挙げても私は驚かない」と期待を寄せた。

期間中のプロアマ戦で、ウッズはNFL史上最高のQBと評されたペイトン・マニングとプレーをともにする予定。トーナメントに華々しく迎えられる。その後は6月の「全米オープン」(ニューヨーク州シネコック・ヒルズGC)と、「ザ・ナショナル」(メリーランド州TPCポトマック)、7月「全英オープン」(スコットランド・カーヌスティ)への出場が決まっている。

日本勢は松山のほか、ツアーメンバーとなった小平智が出場を予定。宮里優作、池田勇太が推薦出場する見通しとなっている。