ここから本文です

<私の見たい日本代表>「鹿島の安西は馬のように走る」 ワッキーさん

5/17(木) 11:00配信

毎日新聞

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会まで1カ月を切った。突然の監督交代で、バヒド・ハリルホジッチ氏から引き継いだ西野朗新監督のメンバー選考に注目が集まっている。“ロシア”への切符を手にするのは誰なのか。今月末に予定されている代表メンバー23人の発表を前に、サッカー愛にあふれた芸能界の人々に「私の見たい日本代表イレブン」を語ってもらった。まずは、お笑いコンビ・ペナルティのワッキーさんに聞いた。【寺田翼】

【ワッキーさんの考えるフォーメーション】

 ◇中盤に守備的な能力を

 僕のフォーメーションは「4-3-3」。GKは中村航輔(柏)。経験が重要なポジションだが、ポテンシャルは一番だと思う。思い切ったプレーをしてもらいたい。CB2人は吉田麻也(サウサンプトン)と槙野智章(浦和)かな。左SBは長友佑都(ガラタサライ)で、右は安西幸輝(鹿島)。安西は両サイドで使えるし、左右どちらでも蹴ることができる。ボランチもできて、相当ユーティリティーな選手だと思う。馬のように走るし、チャレンジしていく姿勢も魅力。水揚げされてすぐのブリみたいな、そんな生きの良さを感じるかな(笑い)。

 中盤の中央はアンカー気味に考えて、コーチングのできるキャプテン・長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)。あとの2人はインサイドハーフよりもダブルボランチとして守備的な能力を要求したいので、山口蛍(セ大阪)と田口泰士(磐田)。前線のトップは大迫勇也(ブレーメン)、左に乾貴士(エイバル)で右は本田圭佑(パチューカ)かな。結局、本田は(ボールが)収まるんですよね。

 ◇ワッキーさんから日本代表へ

 僕は、日本人はサッカーがうまいと思っております。サッカー日本代表のメンバーの皆さん、W杯でそれを示してください。期待しています!

最終更新:5/17(木) 22:27
毎日新聞