ここから本文です

【トロロッソ・ホンダ】「全主要テストを完了。興味深いデータを解析して開発に活かす」/F1インシーズンテスト2日目

5/17(木) 15:01配信

TopNews

F1第5戦スペインGP後に行われたF1インシーズンテスト2日目をトロロッソのジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)が振り返った。

■ジョナサン・エドルズ(スクーデリア・トロロッソ・チーフレースエンジニア)
バルセロナ・インシーズンテスト2日目

「バルセロナテストは、初日で困難なスタートを切った後、チームはプランを再構築し2日目を良い出だしで迎えることができました。

昨日は予定していた周回数を走行できなかった分、今朝のセッションではショーンに優先順位の高いテスト項目をこなしてもらい、空力テストと特性評価、冷却装置の評価、そしてタイヤテストといくつかのメカニカルセットアップを試しました。

マシンの戦力向上を理解するためにセットアップを大きく変更しながら確認し、今後さらに解析・開発していくべき興味深い方向性も見出すことができました。

ショーンにとってSTR13できちんと走るのは初めてでしたが、とても早く順応してくれました。彼は我々のレースドライバーに合わせたマシンへのフィードバックをしてくれました。

そして、午後はピエールが担当。エアロレイクを装着して何周か走行し始めましたが、ステアリングに問題を発見し、それを修復するために時間を要し、午後4時までちゃんと走行することができませんでした。

その後はスムーズに進み、予定していたテスト項目をすべてこなすためにそれぞれにかける時間を短縮しながら、必要としていたデータを収集しました。

いくつか小さな問題もありましたが、この2日間で予定していたすべての主要テスト項目をこなすことができました。このテストで得た興味深いセットアップの方向性やたくさんのデータを、これからチーム一丸となって解析し開発に努めたいと思います」。

最終更新:5/17(木) 15:01
TopNews