ここから本文です

KAB.、西川進らをバンドメンバーに迎えてのメジャーデビュー18周年記念ワンマンを今週末開催

5/17(木) 22:00配信

エキサイトミュージック

1999年、テレビ東京系『ソングライトSHOW!!』で葉加瀬太郎氏が絶賛し、2000年にメジャーデビュー。現在は、10年振りに活動を再開したコバヤシヒロシとギター西川進からなるユニット“イツカノオト”でも5月5日にニューアルバム『GIFT』をリリースし、精力的な活動を行っているKAB.(カブ)が、自身のメジャーデビュー18周年を記念し、デビュー以前から支えられてきた豪華なバンドメンバーを迎えてのワンマンライブを5月20日(日)。下北沢CLUB251で行う。

デビューから18年という月日を経て、10代20代の若さの見える世界から、40代という大人の世界感に見事に変化させつつも、KAB.の持つ、等身大の自分自身に問いかけられているような楽曲は、今もなお健在で、切なさやなつかしさ、あなたの心の一番ピュアな部分に入り込んで、温かな優しい気持ちにさせてくれるライブとなるだろう。

≪公演概要≫
【KAB.18周年記念ワンマン~逢いたい時には、ここにいる 東京バンドワンマン編~】
公演日:2018年5月20日(日)
会場:下北沢CLUB251
時間:17:00開場 / 17:30開演
前売り¥4,000 / 当日¥4,500(共にドリンク代別)
問い合わせ:下北沢CLUB251(TEL.03-5481-4141)

■サポートメンバー
Gt:西川進
Ba:黒田元浩
Dr:オータケハヤト(ROCK'A'TRENCH)
Key:桑原康輔