ここから本文です

日大からの回答に怒!関学大、17日記者会見「納得できない」/アメフット

5/17(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 アメリカンフットボールの関学大と日大の定期戦(6日)で日大選手による悪質な反則行為で関学大QBが負傷した問題で、日大が関学大に提出した回答書の中で、この反則行為が内田正人監督(62)の指示によるものだったことを否定していることが16日、分かった。関学大は反発を強めており、17日に兵庫県西宮市で開く記者会見で、日大に対する抗議文と回答書を公開し、反論する。

 納得できるものではなかった。6日の定期戦での悪質な反則プレーについて関学大が抗議したことに、日大は回答書を提出。その内容に関学大関係者が怒りをあらわにした。

 「選手個人の行き過ぎたプレーであると言うのなら、最初のプレーで交代させるべきで、それ以降も試合に出させていることと整合性が取れず、納得できない」

 回答書は15日夜に日大のコーチが持参。関係者によると、ラフプレーは認めて謝罪しているものの、内田監督については「『厳しく行け』とは言ったが、『けがをさせろ』とは言っていない」という趣旨の記載をし、「指示はなかった」と結論づけているという。

 関学大は12日の会見で、日大からの回答が誠意あるものと判断できない場合は、次年度以降の定期戦は行わないとしていた。関学大の関係者は「とことんやっていく」とも話しており、日大に回答書の再提出などを求めていく考えを示唆した。

 また、反則を犯した日大の選手が「『(反則を)やるなら出してやる』と監督から言われた」と周囲に話していることも判明した。

 関係者によると、日大の選手は下級生の頃から主力としてプレーしていたが、最近は内田監督から精神的な部分で苦言を呈され「チーム内で干されている状態だった」という状況で、6日に東京都内で行われた定期戦前に「やるなら出す」と反則行為を条件に出場の機会が与えられたという。

 しかし日大広報部はこれに対しても、内田監督が学内の調査に対し、「違反をしろと言っていない」と述べたと明らかにして否定した。

 関学大と日大の見解は真っ向から対立。関学大は17日の記者会見で、回答書の全文を公開。今回の問題責任の所在を徹底追及していく。