ここから本文です

「天声人語 2018年5月17日」

5/17(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 歴史をさかのぼると、果物の分布と宗教には、意外と深い関係があるらしい。例えば柑橘(かんきつ)類のシトロンは、ユダヤ教で豊作を感謝する祭りに欠かせない。ラスロー著『柑橘類(シトラス)の文化誌』によると、離散状態になったユダヤ民族に付きそうように、地中海へと広がった▼酒づくりに適したブドウの栽培は、西欧でキリスト教とともに拡大した。教会のミサでワインが必要だったからだ。宗教的な動機がなかりせば、世界の食文化は今と違っていたかもしれない▼そう思うと、この古代の桃のニュースも興味をそそる。奈良県で大量に出土した桃の種が、西暦135~230年のものと推定された▼中国から渡ってきた桃は、魔よけの呪力があると考えられていた。…… 本文:624文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社