ここから本文です

米朝首脳会談の実現、引き続き期待=ホワイトハウス報道官

5/17(木) 2:28配信

ロイター

[ワシントン/ソウル 16日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサンダース報道官は16日、米朝首脳会談の実現を引き続き期待するとの米政府の立場を表明した。ただ、トランプ大統領は困難な交渉プロセスにも備えていると述べた。フォックスニュースのインタビューに応じた。

サンダース氏は「会談が開催されなければ、引き続き最大限の圧力を掛け続ける」とも述べた。北朝鮮側の発言については「あり得ない内容でない」との認識を示した。

非核化を巡っては、北朝鮮の金桂冠・第1外務次官が、かつてのリビアへの対応と似た合意が非核化の形式になると示唆したボルトン大統領補佐官ら米当局者を厳しく批判した。

サンダース氏はこうした懸念を一蹴し、記者団に「こうした交渉内容を把握しておらず、われわれが活用するモデルだとは認識していない」と話した。

金氏は「わが国が無残な運命をたどったリビアやイラクでないことを世界は熟知している」と指摘。リビアが核開発の初期段階にあったのに対し、北朝鮮は核保有国であると主張した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

最終更新:5/17(木) 2:34
ロイター