ここから本文です

(社説)子どもたちへ―火垂るとだるまの教え

5/17(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り――。自らは恥ずべき行いを重ねる一方で、子どもには「道徳」を説き、ひとつの鋳型にはめようとする。
 そんな最近の政治家や官僚の対極を生きた2人が、この春、相次いで鬼籍に入った。
 おととい「お別れの会」が開かれたアニメ監督の高畑勲さん(享年82)、そして絵本作家のかこさとしさん(同92)だ。
 心にしみいる作品を、半世紀にわたって子どもたちに届け続け、多くの大人も魅了した。
 原点になったのは、両者ともに戦争体験である。
 終戦時に9歳だった高畑さんは、空襲で家族とはぐれ、町をさまよった経験をもつ。…… 本文:973文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社