ここから本文です

道上選手 vs. 大津選手の先輩後輩対決も見られた「第1回 Modulo Drago CORSE カート大会」

5/17(木) 6:00配信

Impress Watch

 5月4日に富士スピードウェイで開催されたSUPER GT 第2戦「FUJI 500km RACE」では、攻めの大津選手→頭脳プレーの道上選手→さらに攻めの大津選手とつないで初完走&8位入賞を果たしたModulo Drago CORSEの34号車「Modulo KENWOOD NSX GT3」。ゴール後にチーム全員が見せた笑顔が印象的なレースだった。

【この記事に関する別の画像を見る】

 Modulo Drago CORSEチームは5月19日~20日に開催を控えるSUPER GT 第3戦「2018 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT 300km Fan Festival」へ向けて準備を進めているが、合間をぬってチームスタッフ、関係者、そして取材に関わるメディアが参加する「第1回 Modulo Drago CORSE カート大会」を開催。Car Watchも参加することができたのでその模様を紹介しよう。

 レースは60分耐久レースで、レース前には各チームの全員が走る練習走行時にタイム計測を行ない、タイムが速い順に決勝グリッドへ並ぶ。レクリエーション的な要素のあるレースでは速い人が後ろに付く、いわゆるリバースグリッドを導入してレース展開を盛り上げるという演出が入ることもあるがそうではなく、ガチの「速い順」だ。

 そもそも当初は「みんなでカートに乗って遊びましょう」と聞いていたのだが、気がつくとチーム対抗の耐久レースになっていて予選もちゃんとある……Honda Racing魂は遊びでも本気だったのだ。

 予選の結果、Car Watchは5番手のポジションをゲット。スタートはグリッド整列からのスタンディングスタートだが、10台のカートが一斉に走り出すとスタート直後にあるヘアピンが危険……そのためスタート前は「抑えないと」という声があちこちから聞こえたような気がしたのだけど、いざスタートするとグチャっと渋滞で接触だらけ。さっきの話はどこいったのだろう。

 このレースでは特別ルールとして道上選手(通称:助っ人先輩)と大津選手(通称:助っ人後輩)をレンタルできるようになっているが、速いチームに助っ人を入れたら可愛げもなにもない。そこでトップ3までを走行しているチームは助っ人が使えないことになっている。

 では、Car Watchはどうだったか?というと……ハイ、助っ人先輩をレンタルしてきっちり順位を上げていただきました!

 しかも同じタイミングで助っ人後輩もコースインしていたので、「うちのドライバー(助っ人先輩)」とのバトルが勃発。2台で走るときはバンパー同士を接触させたままの本当のテールトゥノーズ。そしてほかのカートを利用してのパッシングとコース上では別次元のレースが展開。この時間帯はこの日一番の見せ場になった。

 あっという間に60分が経過しチェッカー。全車完走して第1回Modulo Drago CORSEカート大会は終了した。ちなみにCar Watchチームは各員頑張ったけど、いろいろあって結果は5位……10台中のちょうど真ん中、上でもなく下でもない。記事ネタとして面白みが全然ないですね、すみませんでした。

 カート大会はこのような感じで盛り上がったが、重要なのは今週末、SUPER GT 第2戦のSUZUKA GT 300km RACEだ。鈴鹿サーキットはホンダのコースであり、道上選手、大津選手にとってもホームコースである。それだけに34号車はいいレースを見せてくれるはずだ。現地へ来られる方は34号車に大きな声援を送っていただきたい。

Car Watch,深田昌之,Photo:安田 剛,Movie:石岡宣慶

最終更新:5/17(木) 7:52
Impress Watch