ここから本文です

「お菓子どうぞ」の前に、アレルギー確認 あげる場合、親に聞いて

5/17(木) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 食物アレルギーの子が親の目の届かないところで食べ物をもらい、発症した――。こんな体験談がツイッターに投稿され、反響を呼んだ。乳幼児では5~10%の子に何らかの食物アレルギーがあると言われ、場合によっては命にかかわることもある。アレルギーがある子の親たちは「子どもに食べ物をあげるときは親に確認を」と呼びかける。

 「アレルギーは簡単に子供を殺せることをご理解ください」
 ライトノベル作家、師走トオルさんは3月上旬、ツイッターにこんな投稿をした。きっかけは、卵アレルギーがある1歳の息子に起きた出来事だ。

 ■目を離した一瞬
 母親と一緒に、地元の公共施設で遊んでいたときのこと。…… 本文:1,556文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社