ここから本文です

米議会上院、6月11日施行予定の「ネット中立性」規則撤廃を撤回する議案を可決

5/17(木) 8:10配信

ITmedia NEWS

 米合衆国上院は5月16日(現地時間)、連邦通信委員会(FCC)が6月11日に実施する予定の「ネット中立性」規則の撤廃の無効をめぐって採決し、52対47の僅差で可決(規則撤廃を無効にする決定)した。

【その他の画像】

 現在上院は共和党員51人、民主党員47人、無党派2人で構成されている。3人の共和党員が賛成票を投じたことで可決になった。

 米国では、「Congressional Review Act」(CRA:1996年議会評価法)により、法案立法から60日以内ならば撤回する決議案を出せる。FCCが法案を立法(リンク先はPDF)したのは5月10日だ。

 撤廃無効化議案はこの後、下院での投票にかけられる。下院はネット中立性保護を主張する民主党の議員が過半を占める(民主党:共産党=236:193)ので、可決される可能性は高い。だが、可決したとしても、成立にはドナルド・トランプ大統領の署名が必要だ。

最終更新:5/17(木) 8:10
ITmedia NEWS