ここから本文です

「絶対零度」復活!沢村一樹が月9初主演、上戸彩は出産後初連ドラ

5/17(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 俳優、沢村一樹(50)が7月スタートのフジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜後9・0)で月9ドラマに初主演することが16日、分かった。

 女優、上戸彩(32)が演じた新米女性刑事・桜木泉の活躍を描く「絶対零度」シリーズ(2010、11年)が新しい主人公で復活。

 沢村が演じるのは、今作から登場する元公安のエリート刑事・井沢範人。ひょうひょうとした男だが、犯罪者を憎んでいるという裏の顔を持つ。

 上戸もキーパーソンとなる桜木役で出演。15年8月に第1子の長女を出産後、連ドラは初めて。前作を経て一流の捜査官になった桜木が描かれるが、ある捜査中に突然失踪していたという衝撃的な幕開けになる。

 制作側は、マイナンバー制度など国が個人情報を管理している現状を踏まえ、ビッグデータを活用した犯罪阻止を描くドラマを構想。続編とは異なる新作として「絶対零度」の復活を決めた。

 沢村は「これまでのバトンをしっかり受け継ぎながら、2018年の今でしか作れない、今回のキャストならではの変化を楽しんでいただきたい」。上戸も「前作から7年たった桜木泉がどう成長してきたか、空白の時間をお届けできたら」と意欲を見せた。

 2人は07年放送のテレビ東京系「李香蘭」以来11年ぶりの共演。新旧主演コンビが新たな刑事ドラマを届ける。