ここから本文です

サザン、NHKホールで40周年記念キックオフライブ!チケットプラチナ化必至

5/17(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ロックバンド、サザンオールスターズが、デビュー40周年記念日の6月25日に東京・渋谷のNHKホールでプレミアムライブを行うことが16日、分かった。デビュー日にライブを行うのは初で、同26日と合わせて2日間開催。同会場のステージに立つのは、1983年のNHK紅白歌合戦以来35年ぶりとなる。3600人収容のホール規模での単独公演は極めて異例で、チケットが超プレミア化するのは必至だ。

 デビュー40周年を迎えるサザンが初めて記念日をファンと祝う。

 サザンにとって2年10カ月ぶりとなる単独ライブが6月25、26日にNHKホールで決定。1978年6月25日に「勝手にシンドバッド」でデビューして以降、これまでも記念日に、その年の活動や新譜を発表してきたが、ライブを行うのは初めてだ。

 会場のNHKホールは音響設備がよく、73年からNHK紅白歌合戦が行われるなど数々の名曲が歌い継がれた由緒ある場所。サザンが同ホールのステージに立つのは、83年に「東京シャッフル」で3度目の紅白出場を果たして以来35年ぶり。単独では初となる。

 きっかけはボーカルの桑田佳祐(62)のひと言だった。5日に放送されたTOKYO FMの冠番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(土曜後11・0)で、「ライブやりたいな~、6月25日にライブをやりたい!」と発言。桑田の「6月25日のデビュー記念日を、ファンの皆さんとともに40周年イヤーのキックオフにしたい」という思いが口に出てしまい、突然の発言にスタッフは大慌て。急きょ会場探しに奮闘し、開催まで2カ月を切った異例の事態だったが、平日ということもあって何とか実現にこぎ着けた。

 演出や選曲などはこれからだが、6月15日から先行配信される映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」が初披露される可能性も。チケットは6月16日から一般発売される。

 最大7万5000人規模のライブを行ってきたサザンにとって、ホールクラスの会場でライブを行うのは極めて異例で単発のライブでは初めて。首都圏では85年以降、アリーナクラス以上の会場でライブを行っているだけにチケットのお宝化は必至。NHKホールでのライブだけに、年末の大舞台に向けても期待が高まりそうだ。