ここから本文です

阪神・植田、チーム単独トップ7盗塁 惨敗の中で若虎光った

5/17(木) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 阪神0―5DeNA(2018年5月16日 甲子園)

 惨敗の中にも、わずかな光はあった。体調不良から前日15日に戦列復帰した阪神・植田が持ち味を発揮した。初回1死、東から四球を選んで出塁すると、続く糸井の2球目にチーム単独トップの7盗塁目となる二盗に成功。復帰初となる盗塁に「初回だったので、早いカウントで行こうと思っていました」と振り返った。

 8回まで東の前に1安打に封じられ、敗色濃厚の9回にも足で意地を見せた。先頭で打席に立つと2ボール2ストライクからの変化球に食らいつき三塁内野安打。ボテボテのゴロに全力疾走し、三塁・柴田が素早いランニングスローを見せても、植田の快足が上回った。微妙な判定にラミレス監督がリクエストを要求したが判定は覆らず。復帰後初安打となった。

 どちらも得点には結びつかず完封負けを喫しただけに、試合後は「点が入っていないので…」と多くを語ることはなかった。11、12日の広島戦を欠場し、この日が復帰2戦目。打率・295、7盗塁が示すように、貧打が続く攻撃陣の中で重要な役割を担っていることは間違いない。体調の回復とともにさらなる活躍が見込まれるだけに、今後も起爆剤として期待大だ。 (巻木 周平)

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/20(日) 19:15